返信を待てないメールで伝える片思い

恋愛テクニックは古い!片思い成就の鍵は無料占いにあり!

MENU

返信を待てないメールで伝える片思い

片思いの彼とはまだ友達。
知り合ってからずっとみんなで遊びに行く程度の関係です。
最近少し距離が縮まったかな?と思うのは
メールのやり取りが頻繁になったこと。

 

まだまだあなたから発信しないと、返信がないのですが長い間メールしすぎて夜中まで…という時もあります。
彼は私のことどう思っているんだろう…。
だってこんなに何時間もメールで話ができるって、どうなんだろう、とあなたはしばらくたつと悩み始めます。

 

 

メールで想いを伝えるのはとても難しいことです

直接目を見て話すのではなく、文字の行間から相手の気持ちを考えて、こちらも行間に想いをのせていく作業をしなくてはいけません。

 

特に失敗したくないのは、相手に「めんどくさい」という気持ちにさせないようなメールのやり取りをしたほうがいいでしょう。

 

もとより「めんどう」と感じるのならメールはしないはずですし、それが長い時間続くのはもちろん相手も楽しいからです。

 

ですが、相手がいつまでも返信を返すからと言って、メールの内容が本当なのかどうか、それを判断するのは片思い脳になっているあなたには判別がつきにくいと思われます。

 

 

例えば「仕事、疲れた、眠い」とそっけないメールも本当は「大丈夫?」と心配してほしいからとも言えます。

 

その次の返信で本当に疲れているのかを判断して、引くときはさっと引きましょう。

 

「眠いならおやすみ、また明日にしようね」と返して「おやすみ」と返ったらもう諦めて素直に寝ましょう。

 

疲れている時のメールを引っ張るのは要注意です。

 

突然返信が帰ってこなくなり、そのまま…となっては終わりです。

 

 

相手がノッてるときは存分に相手をして、相手がもう疲れたというサインを出しているなら、さっさと撤収。

 

それぐらいのクールさを持っていると、相手も安心してあなたとのやり取りを楽しめます。

 

一番いけないのは、「何か私がいけなかった?」「怒ってるの?」などとしつこくすることです。

 

いい感じのメールは、最初はあなたで最後は彼で終わらせるように誘導していくこと。

 

一番長く続くのは「相手の送ったメールから一か所とってもう一度繰り返す」のが最適でしょう。

 

「もう今日仕事で上司がウザかった。」と来たら
「ウザかったの?」と返す。そうなると相手は何がどうウザいのか話すことができます。あくまで受け身で。

 

「そうウザいよね、ウチも今上司が…」と長々返すと、相手も疲れますし
会話がこなれてくるまでは受け身でいたほうがいいでしょう。

 

 

もししばらく返信がこなくても、我慢してほっておきましょう。そのままフェイドアウトしそうなら、その時は友人か誰かを介して直接会う場所に誘導しましょう。

 

直接会って話をして、またその話題から元に修正することができます。

 

どこかに一緒に行きたい、遊びたいなら、直接誘わず、「もうすぐ桜が咲くね、花見っていうとBBQとか楽しそうだね」とふるだけふっておく、なども効果的です。

 

あくまで話の流れでそうなったように会話を誘導してください。

 

そこから直接二人で会うようになったら、今度こそ会話を積極的に楽しみましょう。

 

最初はじっと耐えて、こちらの想いを爆発させないことです。
二人で会うようになればメールはもっと二人の距離を縮めるアイテムになることでしょう。

恋愛成功体験談