片思いの相談をしていた友人に彼を取られた…

恋愛テクニックは古い!片思い成就の鍵は無料占いにあり!

MENU

片思いの相談をしていた友人に彼を取られた…

友達ってどんな人が友達ですか?

 

どこまでの関係が友達だと思いますか?

 

まず、最初にそこから考えてみましょう。

 

一緒に旅行に行くから友達?

 

互いの部屋を行き来しているから友達?

 

しょっちゅう会っているから友達?

 

 

きっとあなたの片思いの相手をとってしまうような人はもともと友達関係でなかったのです。

 

信用できる友達は、あなたのスマホに何件もデータが入っている中でわずかしか存在しないものです。

 

それをただみんな友達、と思っていてはあなた自身が傷つくことがたくさんありすぎて最終的に誰も信じられなくなってしまいます。

 

 

友達とは「全く利害関係が存在しない関係」だと思ってみましょう。

 

あなたがその友達に対して、臆するところもなく、コンプレックスを抱くこともなく、抱かせることもなく、互いに平等でいられる関係。それが真の友達ではないでしょうか。

 

 

好きなアイドルが一緒だとか、職場が同じだとか、学校が同じだったとか、共通のアイコンがあるだけが友達の証明ではないのです。

 

互いに趣味が共通しなくても、考え方や生き方が共通する人こそが友達でないでしょうか。

 

 

あなたがずっと好きだった彼への想いを相談していたその友達は本当の友達だったのでしょうか?そこから考えなくてはいけません。

 

かといって、あなたが想う彼のことを、あなたの友達が本当に愛してしまったとしたら、それはもう責めることはできません。

 

恋愛は自由ですし、あなたが好きな彼だからと言ってもし好きになってしまったら諦めることはなかなか難しいでしょう。

 

ただ、あなたという友達関係は消滅してしまう、その覚悟があって、友達よりも彼をとったということなのでしょう。

 

 

あなたは同時に片思いの彼と友達を失いますが、友達を惜しむことは一切ありません。

 

そんな友達ならいないほうがましなのですから。

 

また、その友達は今回だけでなく片思いでもないあなたの彼を奪うかもしれません。

 

 

またあなたの相談に親身になりすぎて、必要以上に彼のことを知ってしまった。

 

そしてあなたのために彼と接触する内に仲良くなってしまうことも起こりえます。

 

これは不幸なことですがあり得ないことではありません。

 

とてもよく聞く話です。

 

この例にかんして一つ言えることは「なんでも他人任せにしてはいけない」ということです。

 

 

あなたが好きな彼に近づくために友達を使ったり、何か調べてもらったり、よくある展開ですが大きな落とし穴があるということを考えて行動することです。

 

 

好きな彼にはあなたが直接気持ちを伝えましょう。

手紙やプレゼントなども人に頼まず、あなたが渡しましょう。

 

人を信用するしない以前に、あなたがずっと好きな相手にあなた自身が行動を起こさなくてはいけません。

 

また信用できる友達でも、どうなるのかわからない、これも心にとどめて片思いの彼を射止めてください。

恋愛成功体験談